永代供養に関する情報が満載!

永代供養は宗派や宗教に左右される?

永代供養は宗派や宗教に左右される? 永代供養の場合は宗派や宗教にほとんど左右されることなく埋葬、供養をしてもらえます。
ただし永代供養墓を管理運営するのが、寺院、公営、民営の3つに割れているため、民営の場合は宗派宗教を限る場合もあります。
寺院や公営で管理している場合は宗教などを問わずに供養、管理をしてくれます。
民営の場合のみ、宗教法人や財団法人が管理、運営していうので、中にはある一定の宗教の方のみ受け付けるという永代供養墓も存在します。
ですが、ほとんどの場合は宗教などに左右されることはありません。納骨堂で管理費を支払い、一回忌、三回忌から三十三回忌まで維持費を支払って管理供養をしてもらう形式でも良いですし、すぐに永代供養墓へ移して他の方と一緒にお盆やお彼岸に供養をしてもらうのも良いでしょう。
前者の場合、維持費が発生しますのでそれを支払っている間は長く供養をしてもらえます。
後者の場合は初期にお支払いする金額の後は追加料金や維持費などは発生しません。

長期出張でお墓参りに行けないひとに「永代供養」がオススメ!

長期出張でお墓参りに行けないひとに「永代供養」がオススメ! 永代供養は何らかの事情でお参りに行けない人には大変ありがたいです。一般のお墓でしたら、ほったらかしにはできません。こまめに行かないと、お墓の周りには草がぼうぼうに茂りますし、墓石も汚れてきます。
供養してくれる人もいなく、何よりもお参りしてくれる人がいないのは、ご先祖様も寂しい思いをするのではと思います。
永代供養でしたら、この悩みは解消されます。
お墓の掃除など考える必要はありませんし、自分たちが手続きなど何もしなくても年に何回かはお寺が供養をしてくださるので、安心です。
遠く離れていてご先祖様に何もしてあげられないと悩んでいらっしゃる方には永代供養は助かります。
普段、自分の住まいでご先祖様のことを思って手を合わせているだけでも供養になりますが、やはりお墓は気になるものです。
先祖代々の墓なので永代供養にして良いものかと思いきれない方も多いと思いますが、気になる方はこの様な方法も考えてみてください。
特に長期出張で遠く離れすぎていて、なかなかお墓参りに行くことが出来ず、悩んでいる方にはオススメです。

新着情報

◎2017/12/20

永代供養墓のお参りの方法
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

維持費やお布施は不要
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「寺 宗派」
に関連するツイート
Twitter

日蓮宗の暴行や拷問は伝統として美化している。他の宗派の僧侶達と違うが、身延山の教育に問題があり、その証拠に犯罪を犯す僧侶が多く、日蓮宗のの息子は身延山高校、大学では修行にならないと語る。

しろきじ「おにも宗派やら色々あってだな・・・」 くろぶち「くろぶちわかんな~い」

RT @moa810: 吉野のおにて、桜の下に骨を埋める桜葬の案内が出ていた。パンフによれば宗派や国籍を問わず受け付けているそうです。 pic.twitter.com/ODQIdheg6O

Twitter贅沢なかにみそCAR TONIC@1473b

返信 リツイート 昨日 22:57

星山常福には『永代供養塔』があります。宗派にこだわらずすべての人を受け入れる準備があります。お骨の有無にかかわらず永代供養をお考えの方はご相談下さい。#jouhukujibot

Twitter真言宗御室派 星山 常福寺@seizanjouhukuji

返信 リツイート 昨日 21:01

返信先:@SmilePaPa38 日蓮正宗を除く日蓮系の宗派のおです。本堂にて手を合わさせて頂きたい、そして御首題を頂きたい旨をいつも伝えてます!そうですね…また伺いますと伝えさせて頂いてます(^^; まめひこ①⑧⑥⑦さんの投稿もいつも楽しみに見てます、ありがとうございます頑張ります😊

東大によるノートルダム大聖堂再建義援金の呼びかけ。「宗教宗派を超え」。こういう視野の広い取り組みをみると、東大の「東」は、世界の「東」なんだなと思えてくる。すばらしい。

Twitter松永光弘(編集者/『「アタマのやわらかさ」の原理。』著者)@mitsuzosan

返信 リツイート 昨日 18:21

返信先:@shion_sana 先祖からのおじゃなくても、今自分が住んでいる近くのおでもいいから相談してみて。 宗派によって細かな違いはあるにせよ、大まかな事はおなじだとおもうし。

山号を「定額山(じょうがくざん)」という/善光(無宗派)「牛に引かれて参る」のはここ

一日置きに違う宗派のお経を聞いていて、なぜか、今回は、毎度、お菓子を頂く。いつも行ってるのに本願で頂いたのは初めて。

に住職がいないと、集落に不幸があった場合どうするか?何年か前までは隣の集落から来て頂いたのですが、そのお坊さんも脳梗塞とかでお勤めができなくなり、今は車で片道20分ほど離れた同じ宗派のおから、その度にお呼びしています。大変と言えば大変だけど、田舎はどこもこんなものでしょう。 pic.twitter.com/iSznA9U5Tf