永代供養に関する情報が満載!

永代供養は維持費やお布施は不要?

永代供養は維持費やお布施は不要? 永代供養墓の特徴は、供養を代わりに行ってもらうことができる事です。多くは一定期間骨壺を保管してくれて、それを過ぎれば遺骨は他の人たちと合祀されます。
維持費は、永代供養料を支払えば払う必要がないところが多いです。この費用の額もまちまちですが、初めから遺骨を土に還す場合はやすく、中には10万円というところもあります。
その他の一定期間遺骨を管理してもらえる所であれば、30万円から50万円くらいが相場でです。ただし、永代供養といっても、墓の形式や規模、グレードなどはさまざまであるため、相場は一応の目安と考えてください、具体的に費用について知りたければ、直接サービスを提供している運営主体のホームページやパンフレットを見て確認しましょう。
基本的にお布施も必要ありません。お布施が永代供養料に含まれている場合がほとんどだからです。
この点についても詳細については場所によって取り扱いは異なる可能性がありますので、確認はしておきましょう。

どういう人が永代供養墓を申し込んでいる?

どういう人が永代供養墓を申し込んでいる? 永代供養をしようと思うのはどういう人なのか気になる方もいるのではないでしょうか。家族の形や社会環境が変化をしていく中で、これまでの墓地や墓参のスタイルが維持しにくい状態になってきています。
子供が都会へ出てそこで生活をするというのも当たり前になりつつあるのですが、その一方で一年に一回墓参りに行くというのは休暇を取り、長距離の移動もしなくてはいけないため、かなり負担がかかるものになっているのです。
管理をきちんとするのが難しくなりそうだという子供側での検討もありますが、親の側でも子供に墓地の管理や金銭的な負担をかけたくないという気持ちから永代供養にしようと考え始める家庭が多いです。
費用の面から考えても、これまでの墓地の購入等よりもかなり金額的に安くなるため、準備もしやすいからです。
何より、自分たちでも親子間での様々な手続きや負担の軽減ができるという事もあって、そういった事情を抱える方からの申し込みが増えています。

新着情報

◎2017/12/20

永代供養墓のお参りの方法
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

維持費やお布施は不要
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「墓 維持」
に関連するツイート
Twitter